クレジットカード現金化は何故利用規約違反なのか理由をまとめました。

MENU

クレジットカード現金化はなぜ利用規約で禁止されているのか

悩む男性

クレジットカード現金化は、利用規約にて禁止されている行為です。

 

法律では禁止されてないので、逮捕の可能性はありません。

 

ではなぜ法律で禁止されていないクレジットカード現金化を利用規約では禁止しているのでしょうか?

 

今回は利用規約で禁止されている理由について解説していきます。

利用規約で禁止している理由

クレジットカード

金融会社から借入をする場合、収入により総量規制によって限度額が決められています。

 

これは「無制限にお金が借りれると必要以上の債務を抱えてしまう可能性がある」といった観点で作られました。

 

しかしながら、この総量規制には実はクレジットカードのショッピング枠は対象外となり、含まれていません。

 

ショッピング枠も現金化されてしまうと、総量規制以上のお金を借りることが出来てしまいます。

 

結果として必要以上にお金を借りてしまい多重債務を抱えやすくなってしまうといった理由ですね。

 

クレジットカード現金化を許してしまうと、総量規制違反となってしまうので、クレジットカード会社が罰せられてしまいます。

 

なのでクレジットカード会社は罰せられないように全面的に現金化を禁じて、現金化目的の利用ではないか見張っているということです。

現金化をする上で注意するべきこと

教鞭を持った女性

総量規制に違反しているため、クレジットカード会社は現金化目的での利用が発覚した場合、利用者が逮捕されることはありません。

 

しかしながら、クレジット会社はクレジットカード利用停止の処置を取ってきます。

 

利用停止にされないように発覚しにくい、業者を使った現金化をすることも大事ですが、それ以上に多重債務を抱えないように、現金化を利用する際には、普段以上に自分を自制をする必要があります。

 

好き放題使った結果、消費者金融だけでなくいわゆる闇金などに手を出すことになってしまえば目も当てられないことになってしまいます。

 

きちんと自制をして利用すれば、クレジットカード現金化は金融会社にない魅力を持った便利な現金取得方法です。

 

皆さんもクレジットカード現金化痛い目を見ないように、自制をして必要な時に必要な分だけ利用するようにしましょう。

現金化以外に利用停止になるパターン

パソコンの前で驚く女性

クレジットカード現金化が利用規約違反である理由は解説いたしました。

 

しかし、他にも「え!?こんなことで!?」と言ったことでも利用規約違反となってしまい、利用停止になることがあります。

 

いつの間にか利用停止にならないように利用規約違反となるパターンをご紹介いたします。

 

利用停止にならないためにする必須行動

 

利用停止にならないためにも、しておかなければならない必須行動をご紹介します。

 

カードに署名をしていない

クレジットカードを契約する際に、必ずカードの裏面に署名を求められると思います。
簡単なことなので後回しにしておくと、つい忘れてしまうこともあるかもしれません。
しかしこれは利用規約違反です。
本人以外の利用を防ぐためにも、本人による署名が必要になります。
まだ書いていない方はリスクを避けるためにも署名しておいたほうが良いでしょう。

カードを他人に貸し出す

基本的に、クレジットカードは本人以外の利用は禁止です。
よく友人や家族に自分のクレジットカードを貸し出してる人を見ますが、こちらの行動も利用停止のリスクがあります。
サイン無しで購入出来る店舗も多く、他人でも問題なく利用できるところもありますが、発覚した際に利用停止になる可能性があるので気をつけましょう。

会社の仕入れで使用する

クレジットカードは個人での購入に使用する目的で作られています。
なので会社の仕入れなどで使用してしまうと、会社での購入となってしまうので利用規約違反となります。
クレジットカードの種類によっては可能なところもあるので、今まで使用していた方は利用規約をよく読み会社目的での使用が可能なクレジットカードに切り替えましょう。

変更の届けを出していない

契約時には正しい個人情報でも、使用している間に変更されることもあるでしょう。
こちらも変更された際に届出が必要です。
紛失・盗難などの事故にあった時、トラブルの原因となりますので、必ず変更の届出を出しておきましょう。

  • 住所
  • 勤務先
  • 電話番号

まとめ

チェックを付ける男性

クレジットカードは生活には欠かせないものになっています。

 

利用停止になってしまうと、日常生活において非常に困ることになるでしょう。

 

クレジットカード利用停止にならないためにも、きちんとした知識をつけ、利用停止の原因を取り除いていくことが重要です

 

また昨今では、クレジットカード現金化の悪徳業者がクレジットカードの番号を要求して来ることもあります。

 

そのまま渡してしまうと、自分のクレジットカードを悪用されてしまうかもしれません。

 

詐欺被害を防ぐためにも、自身のクレジットカード情報は周りには伝えないようにしましょう。

 

悪徳業者とのトラブルを回避する方法はこちらのページで解説していますので、是非参考にしてください。